タクシー運転手仲間のはなし


by kqvrjfaidy

「学校行きたくない…皆が敵に見える」いじめほのめかし中2女子生徒が自殺(産経新聞)

 東京都清瀬市の市立中学校2年の女子生徒(14)が先月15日、いじめをほのめかす遺書を残し、自宅マンションから飛び降り自殺していたことが3日、同市教育委員会などへの取材で分かった。市教委や学校で事実関係を調べている。

 市教委や警視庁東村山署によると、女子生徒は先月15日午前8時10分ごろ、自宅マンション前の路上で制服姿で倒れているのを発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。遺書の内容などから、女子生徒はマンション7階から飛び降りたとみられる。

 市教委によると、遺書は先月26日に生徒の親が発見。B5のルーズリーフ1枚を破り取ったものに「もう私は死にたい」「学校なんか行きたくない 皆が敵に見えるから」などと手書きされ、いじめを訴える内容もつづられていた。

 学校によると、女子生徒は自殺直前も変わった様子は見られなかったという。学校は今月1日、保護者会を開き、状況を説明したほか、担任や同級生らから事情を聴いているが、これまでにいじめの事実は確認されていないという。

 市教委教育部の池田和彦参事は「中学2年生が自殺するのは、よほどのことがあったと考えられる。いじめの可能性も含め慎重に調べていく」と話している。

 市教委が公開した女子生徒の遺書は次の通り。

 死にたい…

 こんな社会に生きていても 何も得しない

 もう 私は死にたい 学校なんか行きたくない 皆が敵に見えるから

 学校にいる時間 私には苦痛を感じる 2/12(金)は私の命日になることを祝ります。(原文ママ)

 (中略)

 お父さん お母さん ごめんなさい

 さようなら

【関連記事】
北海道・滝川いじめ訴訟が和解合意 道と市の「謝罪」盛り込む
群馬県立全高に“裏サイト” 県教委調査中間報告
大人の世界のいじめもコワイ フジ「泣かないと決めた日」
死ぬのをやめた体験記録 『生きテク』反響どこまで
子供の暴力76件増 意思疎通能力が低下 20年度調査 栃木

僧坊荘園
静寂の港「油断はできない」=宮城・石巻の漁港−チリ大地震(時事通信)
外国人参政権法案「議員立法を用意」 民主・川上氏(産経新聞)
大分の強盗殺人、無罪「自白の信用性に疑問」(読売新聞)
選挙運動の強化要請 北教組支部が内部文書 小林議員地元(産経新聞)
[PR]
by kqvrjfaidy | 2010-03-03 18:44